晨曦微語

細雨迷蒙的清早翠崗公園,雨打花香撲鼻,枝纏葉茂秘語。有長者擴胸、壯年壓腿、伴侶起舞……微雨中,清風起,時光靜好,歲月無恙!

我非文人騷客,亦非堅不可摧蓋日月,風雨無懼臨寒邪,隻不過昨日午後一大杯咖啡下肚,興之所至,於是落得個淩晨兩三點入眠,清早七點便被“從你的全世界路過”叫醒的結局!爬起方知窗外正細雨碎時光,撐起那把能遮得住四個人的巨傘,穿過匆匆行人,又遇那一地落花!曾與朋友探討這一地落紅是否就是允禮送給甄嬛但被移進葉瀾依宮裏的合歡花?花寄相思,亦傳情,未知是合歡還是合憾,但總會想起林黛玉的《葬花吟》“花飛花謝花滿天,紅消香斷有誰憐。遊絲軟係飄春榭,落絮輕沾撲繡簾……爾今死去儂相葬,未卜儂身何日喪。儂今葬花人笑癡,他年葬儂知是誰?試看春殘花濺落,便是紅顏老死時。一朝春盡紅顏老,花落人亡兩不知!”雖及不上黛玉才情感天,貌令花羞,但總感命途歸同,花落、人亡,或遲、或早!

暫且放下這一地的落花,再看看翠崗公園那冬天裏的滿園春色,宜景、宜情、宜性,為什麽不能是毛潤之的《沁園春•雪》呢?“……須晴日,看紅裝素裹,分外妖嬈,江山如此多嬌,引無數英雄競折腰……”,許是今朝英雄何其多,而渺之如我,學不會蠅營狗苟,做不到“仰天大笑出門去,我輩豈是蓬蒿人”。遂,乘著現世安穩,靜做於世無害,於人無爭的凡俗小女子吧!

已生凡世人,但修凡塵福:多運動,為得一副無病、無痛、不脆弱的好身體;多看書,為充一件無實、無果、不豐盈的空皮囊;多說善言,為修一世無懼、無畏、不愧悔的好德行;多為善事,為求一生無災、無難、不淒涼的好福氣。

如果有來世,我願生做一條狗,一條安靜的大白狗,跟十一年前陪著我的那條一模一樣的大白狗,而他亦剛好轉世為人,那麽,我一定能嗅出他的味道,蹭到他麵前,從此相伴、相護,如同前世……不要懷疑我的真誠,如果你也像我一樣人生第一次被嗬護的感覺是來自一條狗,如果在你最脆弱、無助、驚恐的時候,陪伴你的也隻有這一條狗,他也陪你入眠、聽你心事、護你安全,那麽你會像我一樣、一樣的真誠……

恍恍惚惚也到了上班的點兒,遊離的思緒該聚攏回來了,攆走這半夢半醒的囈語,換回平日在漂洋過海的電郵麵前的神清氣爽,開啟一天的忙碌模式……

原文地址:https://www.sanwen8.cn/subject/axglyi.html

着を羽織り

ナカバヤシは意味ありげな目でホンジョウを脫毛 underarm見る。
なんだよ?」
とホンジョウはナカバヤシの振りを適当にごまかし、グラスのワインを一気に飲み干した。

ホンジョウがなにげに壁の時計に目をやると、気づけばなんともう11時になるところだ。
そう言えばマキとヒカルさんはいったい何処へ行っちまったんだろう?なんてふと思った瞬間、ガタンと玄関の扉が開き、誰かが中に入って来るのがわかった。
ただいまあ。
これ、ビールとワインね」
とマキのこちらに向かって叫ぶ声が聞こえた。
は~い!」
と言って玄関までトオルが迎えに出ると、
「あれ?
ヒカルさんは?」
とマキに尋ねる。
ああ、今日は先帰るって。
みんなにもよろしくって。
わたしたち・・・、外でちょっと飲んで来ちゃった」
とマキ。
おお、お帰り」
とハマグチ。
マキがひとりでリビングに入って来たのを確認するかのようにチラッとミクはマキの方に視線を向け、そのすぐ後に、
「じゃあ、わたしもそろそろ・・・。
明日も早いんで」
と言い出した。
えっ?
も、もう週年晚宴帰るの?」
ナカバヤシ
今日はすごく楽しかった。
みんなありがとう」
と言ってミクは上着を羽織り、早くも帰る体勢に入る。
ああ・・・、じゃ、じゃあ俺、そこまで送って行く」
と言ってホンジョウも自分のハーフコートを羽織る。
じゃあまた、ミクさん。
お元気で」
トオルは爽やかに笑顔で見送る。
どうも。
あんまりしゃべれなかったけど」
とマキも軽く頭を下げる。
ミクさん、今度はみんなそろって沖縄で宴会だね?」
そう言ってナカバヤシも満面の笑顔でふたりを玄関で見送る。
マキとヒカルさんは茶沢通り沿いにあるバー「レディージェーン」のカウンターに居た。
マキはウオッカトニック、ヒカルさんはジンのオンザロック
ほろ酔いのいいオンナふたりに周辺のヤロウ客たちの視線がちらちらと向けられている。
ねえ、この店ってさあ、松田優作が常連だったって、知って近視恢復 た?」
とマキ。

クさんに渡

とホンジョウがまとめようとしている。
そ、そん玻璃屋な???、じゃあぼくはなんなんすか?
自分の彼女をさんざん先輩にやられて、それで、はいお帰りって迎え入れればいいんですか?」
トオルがホンジョウに絡む。
そうだよ。
トオルくんだって浮気してたんだもの、そりゃあ言い訳出来ないだろう?」
とホンジョウ。
それは???」
トオルもさすがに口ごもる。
馬鹿じゃないの?アンタ」
とミユキは相変わらず喧嘩ごしだ。
オマエなあ!」
トオルがミユキの胸ぐらを掴もうとしたので、
まあ、まあ」
と言ってナカバヤシトオルの肩を押さえてそれを止める。

なんか、いいわ。
ふたり、アツくて」
とマキは冷めた顔で感心したようにそうつぶやく。
さあさあ、ふたりはちょっと2階で頭でも冷やして来いよ」
ナカバヤシが、トオルとミユキをソファから立たせ、リビングを出たところの階段の方まで誘導する。
と、あれほどさんざん悪態をついていたふたりだったのだが、以外にあっさりとナカバヤシに従い、仲良く手をつないで2階へと上がって行くのだった。
ところで、ホンジョウさん???、指輪、渡しますかねえ?」
トオルナカバヤシに尋ねる。
どうかなあ?」
ナカバヤシ
何?
その指輪って?」
とマキ。
ええ?
ああ、アイツが昔、ミクさんに渡せなかった婚約指輪。
今日天台玻璃屋、マキが見たいってことにして、持って来るようにアイツに言っといたんだけどね」
ナカバヤシ
ちょっと?!聞いてない。
勝手にまたわたしをダシに使って!」
とマキが不機嫌に眉を吊り上げナカバヤシを睨む。
なんか、いろいろと企んでますねえ?みなさん」
とハマグチは第三者の立場を楽しんでいるようだ。
もう、なんでそうやってみんなであのふたりをくっつけたがるのよ?」
とマキがぼやく。
まあ、いいだろ?
オマエがそこでまた剥きになんなくてもさあ」
ナカバヤシがマキをなだめる。
そんなこと言ったって」
ってでもまあ、確かにそうは言ったところでヒカルさんもなんか余裕の笑顔で帰って行ったことだし、自分が今更どうこう言う立場でもないか?なんてマキも改めて思い直す。
それにしても、指輪ってのは聞いてなかったよなあ、そう思いながらマキは窓の外へとSmarTone 上網 視線を向ける。

ェシカは彼の顔

それにしてもこれは???、どう考えてもdermes 脫毛遊んでるのはユナの方だろう?
と思いつつ、いえ、もちろん喜んで遊んでいただいているのはわたしです???、そう謙虚にその状況を受け入れている自分がそこにいた。
その夜、波照間ジェシカは赤坂のある料亭の一室でジンナイショウタロウと会っていた。

ジェシカは目の前に並べられた彩り豊かな会席料理にはいっさい手もつけず、このタイミングにこんなところで贅沢にくつろいでいる自分の状況に居心地の悪さを感じていた。

彼女が呑気にこんな所にいる間にもフクシマの放射能漏れは刻一刻と拡大している???、そしてまた次の水素爆発がいつ何時起こるとも知れないのだ。

ねえ、パパ、今回はいつまでいられるの?」
と言dermes 脫毛 いながらジェシカはジンナイのグラスに追加のビールを注ぐ。
明日の午後にはもう上海だ。
もう少しゆっくりしたかったんだけどな」
と、ジンナイはコヒーバの煙を口許からゆっくりと吐き出した。

そう、それでパパが今回日本に来たのは???、やっぱりこの地震に関係することだったんでしょ?」

と、ジェシカは彼の顔色を伺うかのように視線をチラッとだけ向け、すぐにそれをまた自分の手元のグラスへと戻した。
その瞬間ジンナイの顔の表層で何かが弾けたような振動があったのをジェシカは見逃さない。

今回の地震は大変だったな。

オマエの友人なんかは???、みんな大丈夫だったのか?」
ええ、とりあえず今のところ」
そうか。
日本もこれからは大変になる」
と言ってジンナイは眉間に深い皺を寄せた。
その皺の深さには彼が今まで歩んできた人生の楔が刻み込まれている???、そんなことをジェシカは考えていた。

まあ、日本がどうなろうが???パパには関係ないんだろうけど」
おいおい、それは随分な言い方だなあ」
そうなの?
じゃあ、今回の地震でまた新しいビジネスにでもありつけそう?
なんてことじゃないの?」
ジェシカはジンナイに素っ気ない。
相変わらずdermes 脫毛 だなあ。
オマエってヤツはまったく」
とジンナイはジェシカから目をそらし、ゴホッと咳き込むようにして笑った。

思い出したよ

それから次にわたしの意識が戻り始めたと気づいた時、わたしはうつ伏せの状態で何処かの部屋の布団の上にいるようだった。
そして再び数秒ほどの記憶喪失状態鍛練肌肉の後、わたしは緩やかだが完全に意識が覚醒するのを自覚する。

ここは・・・?

と、その瞬間わたしはガバッと飛び跳ねるように起きると、自分の置かれている状況を把握するため辺りをゆっくりと視線を凝らし冷静に見渡す。

するとそこは、わたしがこちらの世界でユナと訪れPretty Renew 冷靜期草津の宿の部屋にまちがいなかった。

それからわたしは思い出したようにテーブルの上に置かれていた自分の携帯を手に取ると、すかさずその画面にあるその日の日付を確認する。

09:363月18日(金)

あの夜の翌日の朝だ。

助かった・・・。
わたしはこちらの世界に帰って来れたのだ。

よかった。
って、あ、あれ?
で、でもユナがいない。

そう思いつつふと見たテーブルの上の、わたしの携帯がその上に置いてあったであろう所に一枚の紙切れが置き手紙のようにあることにわたしはすぐに気づく。
するとそこにはユナの手書きと思われるメッセージが鍛練肌肉、ボールペンで殴り書きのように書かれていた。
と、その内容もいたってシンプル。

『今日まで本当にありがとう・・・、ナオキ。
お世話になりました。

得た最新の情

ああ、まあこの俺もまだにわか勉強でよくは知らないんだyou beauty 美容中心好唔好けどな。
そのジンナイってオトコ、日本ではいっさいメディアには出ないらしいんだよ。
とにかく大のマスコミ嫌いで有名らしく、その情報はかなりアンダーグラウンドに隠されている。
そこをまあ、今回俺のルートから得た最新の情報によると???、そのジンナイってオトコ、実はこの地震後でまちがいなく話題になるであろう新たなエネルギー関連事業における相当のノウハウとアメリカでのコネクションがあるらしいんだ。

シェール?とか言ったかなあ?
なんか新たなガスとか言ってたような。

それでこのポストフクシマ以後における日本の市場を一気に取り込もうって???、そう企んでるとのもっぱらの噂なんだよ」
とサクヤマはやや声のトーンを落とし気味にそう言った。

K-POPの次はガス?エネルギー関連事業って?分野はえらくちがうけどまあ、とりあえず時代の先端系に手を出してるってこと?
それも先見の明ってヤツっすか?」
と関心したような表情のナカバヤシ
いや実際のところ相当なもんらしいんだけどね。
まあ、その分いろいろと???怖い裏の世界にも精通していらっしゃるようで。

それでまあ、今回俺は尚更のごとく覚悟をしてたわけですよ、you beauty 美容中心 き埋めとか東京湾とか首つりとか???、そう言う一連のことをさあ」
と言うサクヤマに、
なるほど」
と言って本日のギャラリー3人は揃って納得したようにうなずいた。するとその瞬間、わたしの頭に浮かんだのはある意味わかり易い?想定範囲内とも言える波照間ジェシカ」と言うキーワードだった。

まあ冷静に考えてもみれば、この状況をまともに相談出来るのは彼女を置いて他にいるはずもないわけで???。
それとまあ、あのスナガワとか言う美容師ってことか?

いや、でも今回の件におけるユナの重要且つ不可解な役回りの一件を考慮しても、ここはその、とりあえずその姉である(と言われていたところの)あのジェシカと言うオンナにその辺もふまえた上で訊いてみると言うのが筋であろう。
そもそもわたしがあのアメジストのクリスタルをあそこで掘り出した時点で、何かあったらすぐにでも連絡がほしいと彼女には言われていたんだっけ。
ってまあ、あの後すぐにでも連絡するべきだった?と言うことなのかもしれない???、なんてそれは後の祭なわけで。
いや、むしろそれよりタイミング的には今まさに!と言うことなのかもしれない。you beauty 黑店

あのリアルなパラレルワールド体験は、わたしにとって言うまでもなく正直ただ事ではなかった。
あの体験が仮にこちらの世界におけるデジャブなのだとすれば???。
そしてあのミクがわたしに残したあのフィオレンテと言うキーワードにしても。

何を血迷った

あれって実際はワン搬屋價錢ダーガールズや東方神起以降で、もう単にひとりふたりのアーティスト人気ってレベルのものじゃないらしく。
それでまあ、そこにJNエンタテインメントがいきなり参入したってわけなんだけど。

ってまあ、それはそれで置いといてだなあ・・・、そもそもそのジンナイってオトコがそんなエンタテインメント事業なんてのに急に手を出し始めたきっかけってのがなんと、そのひとり娘であるあのユナをK-POPスターとしてデビューさせる為だったってんだから、わかるだろ?
そのユナって娘の存在の意味ってものが。

あのユナって娘は確か高校の1年までは日本の聖心女学院に通ってたなんて言う純粋なお嬢様育ちで、何を血迷ったか急にアイドルになりたい?しかも自分の親父の国の韓国で、なんて言い出したらしくて。
それから3年間、ソウルにある養成所においてみ搬屋服務っちり歌と踊りを仕込まれてのデビューだったらしい。

そんでもってまあ、その後の過酷なオーディションの末、残りの少女倶楽部メンバーも無事に揃い、そのまま一気に韓国でブレイクって具合に上手くいったわけなんだけど・・・、その過程ではやっぱりいろいろとあったらしくてね。

ほら、つまりあのユナだけがとにかく会長の娘ってことで、暗黙の了解の中特別扱いだったわけだよ、わかるだろ?
彼女だってやっぱり他のメンバーとは自然と距離も出来てしまう。
それにあの娘だけが日本人とのハーフで韓国語も片言でネイティブじゃないときてる。
そりゃあやっぱ、いろいろと内部で問題も起こっただろうし、彼女だってその間ひとり孤独になったりもしたわけで。
まあ今回の日本デビューに向け、こっちにもたまに来てたわけなんだけど・・・、その度にまあ、俺がその相談役みたいなのになってたって言うか。
まあ、そんなこともあってこの俺へのジンナイさんの信頼もあったわけなの紅酒 に、ここにきていきなりの失踪だろ。
正直俺はもう、今回マジで首を吊るくらいの覚悟だったんだよ。
冗談抜きで」
とサクヤマは一気にそう語ると、
ようし!
もう今夜はいいや、ドンペリ持ってこ~い!」
といきなりご機嫌も最高潮に達した模様。