読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

平和に暮らす皆

11時の朝の番組から、12時のお昼の番組に切り替dermes 脫毛價錢 わる頃。
とある民放が緊迫感に包まれた報道フロアに切り替わった。
やや緊張の面持ちのベテランキャスターの男性の顔が映し出され、次にこれもまたベテランの女性アナウンサーが映し出される。
『本日、スタジオにお越し頂いたのは、政界のアランドロン。牧海人先生です』
そしてカメラがパンすると、椅子の上には牧が堂々と座っていた。
牧さん…」
顔色が良いな…」
ザンもやや安心したように呟いた。
彼の言う通り、牧は出会った頃のような溌剌としていて力強い表情でカメラを見据えている。
『牧さん、テレビに出られるのは随分お久しぶりだと認識しておりますが…』
アナウンサーが話を振ると、牧はニコリともせずに、大きく頷いた。
『ご無沙汰をして申し訳ない。しばらく表舞台から姿を消していた事で、色々な憶測が飛び交っていたようだです。しかし、私はこうして生きています!!そして、戦っていたのです!』
『戦っていた?』
『国家を揺るがす陰謀と。平和に暮らす皆さんを脅かdermes 投訴す、恐ろしいテロ計画が実行されようとしていたのです!そして、今日がその決着の時です。私と、私の仲間達が阻止する事ができました。その一部始終を中継や詳しい資料を交えてお伝え致します。皆さん!!今から全て、私牧海人がご説明します。どうかチャンネルを変えずに、そのままおつき合いください。』
まっすぐにこちらを見て来る牧。
一体どうしたのかな…。あんなに生気がなかったのに…」
洋司と蓮で説得したんだろう。あの二人にうまい事持ち上げられてヤル気になったんじゃないか…」
ザンの鋭い読みに葉月はなるほど、と頷いた。
『国家を揺るがす陰謀…テロ計画…ですか…。牧さんはこの1年、何をなさっていたのですか?』
『およそ1年前。私は、豪華客船ノア号に乗り、雨宮製薬のクルーズパーティーに出席していました。その船は座礁、炎上。我々は無人島に流れ着き、サバイバル生活を余儀なくされていたのです』
『無人島でサバイバル?』
『それはまた…映画のような体験ですね…。ノア号というと、岡村さん』
『はい。皆さんの記憶にも新しいと思いますが、竹芝桟橋沖で爆発炎上し、乗員が行方歐洲旅遊不明…という今なお解決していないあの船がセム号でした。その船と全く同じ形をした客船ですよね…。何か関係があるのでしょうか?』
女性アナウンサーが資料に目を落としながら確認する。

そろそろ出る

不穏な単語に動悸がが走る。
栄太は受話器を叩き付けるように電話に戻し、頭を抱えて机に肘をついた。
その姿を見て、早雪はそっと扉を閉めた。
ドキドキする胸を押さえて2階への階段を駆け上皮膚分析 る。
(どういうこと?栄太さんは東雨宮と何か関係があるってこと?東雨宮佐和子、葉月)
栄太の口から出た固有名詞がリフレインする。
2階の玄関に駆け込むと、腰が抜けたようにへたり込んでしまった。
(でも東雨宮系列の病院にいたって言ってたしその関係よね?だって)
どうした」
廊下から不思議そうにザンに凝視され、早雪はハッと顔を上げる。
あ、ううんなんでも」
なんでもなくなさそうだが」
ザンはゆっくりと歩み寄り、早雪を引っ張り上げた。
あ、ありがと」
何があった」
ザン」
早雪は栄太の昔からの友人だと言うザンを静かに見つめる。
栄太さんは東雨宮と何か関係があるの?」

ザンは無表情に口を閉ざした。その表情からは何の感情も読み取れない。
ごめん。本人に直接聞くわ。」
それがいい」
ザンはそれだけ言うと微かに笑って部屋に戻って行った。
立ち尽くして色々と考えていると、扉が開いた。
!おっ撫平皺紋 と、ごめん。どうしたんだい、こんなところで」
まだ出かける準備もしていない部屋着のままの早雪を見て栄太が不思議そうに首を傾げる。
あ、ううん。あの」
?」
早雪が口ごもると、
早雪さん!」
リビングから顔を出した貴彰が早雪を呼んだ。
は、はい!」
そろそろ出るので支度してくださいね?」
はい!すぐに!」
早雪は言いながら自室に戻ろうと扉に手をかけたところで、栄太を振り返る。
今日、本土の会社で打ち合わせに同行して来るから、夜は遅くなるから」
分かった。気をつけていっておいで」
栄太さん。帰ったら聞きたい事があるんだけどいい?」
ああ。なんだか分からないけど、いいよ」
栄太は落ち着いた表情で頷いた。
早雪も静かに頷き返したのだった。
仕事を終えて早雪と貴彰が帰宅するとリビングにザンと美桜里がいた。
おかえり!!お疲れ様!食事まだよね?!」
あ、まだだけど、何かあります?」
今日は冷やし中華!用意するね!」
ありがとうございます」
二人は言いながらリビングから自室に着替えに向かった。
一応、食事当番を設けており、二人一組で買活力精油早雪がリビングに戻ると、キッチンにザンと美桜里がいた。
ゆがかないとくっつくぞ」
ゆがくって何?」
こうだ、さっきも言ったはずだが」
ザンはさえ箸を麺の入った鍋に入れてかき混ぜる。
そうだっけ?なんか、料理って結構めんどうなのね」
おまえ、料理したことないのか」

残された早雪は

やはりそうでしたか…」
貴彰はため息まじりPretty Renew 冷靜期に目を閉じるとじっと早雪を見つめて来る。
…会社の近くでする話でもないですが、例の件、考えて頂けましたか?」
……広報のお話、ですか?」
田舎暮らしライフが校了したら…というタイミングでは難しいですか?」
……。」
早雪は唐突の意思確認に驚きを隠せなかった。
(ガイドブックも終ってからになると思ってたのに…。だからあと1年半後くらいかと思ってた)
まだ、何とも言えなくて…」
あなたは何を迷っているのですか?」
ズバリ訊かれて、早雪は口ごもる。
……、あの…、校了しても、やる事が色々あるんです。WEBページの紹介記事書いたり、写真を選別したり。広告部や販売部との最終確認もありますし、校了後に印刷ミスとかもあるので、本が発売されるまでは抜けにくいというのもあるし…」
……そうですか。」
見透かすような目をして静かに訊いていた貴彰は寂しそうに笑った。
すみません、すぐ良いお返事ができなくて」
早雪は小さくなっPretty Renew 冷靜期 て肩を落とした。
いえ、急かしているわけではなく、あなたが何を迷い悩んでいるのか気になっただけです。…話す気になったらいつでも言ってください?」
いつものように優しく笑い、貴彰はトイレに立つ。
残された早雪は何とも言えない罪悪感のようなものに苛まれていた。

(いまいち何を考えているのか読めない人だな…)
貴彰は男性トイレから出た廊下で、胸ポケットの携帯が震え、携帯のメールをチェックするため立ち止まる。液晶に視線を落としていると、
え~~嘘~!」
本当!大きい観葉植物の裏だったから見えなかったけど、間違いないよ。あれ遠山さんと水瀬リゾートの社長。」
へぇ~相変わらず、やるねぇ」
黄色い声が聞こえて来た。
自らの名前も挙がり、驚いて身を隠すように男性トイレに戻る貴彰。
どうやら女子トイレから聞こえてきているらしい。
逢坂さんの時もいつの間にかつき合ってて、あっという間に結婚したもんね」
そうそう!私仕事一筋です!あなた達とは違うのよって顔して、美味しいところ持って行くよね、彼女。合コンも飲み会も参加しないくせに…」
逢坂さん、人気だったもんねー。受付と総務で狙ってた子結構いたもん」
あの時期ランチは逢坂?遠山の結婚の話題ばっかりだったよね」
でもまだあの頃、彼女メディカルにいたし、部長に認められてたし、Pretty Renew 銷售手法 お祝いムードだったじゃない?インターバブリックの仕事取りやすくなったって重役も喜んでたしね」
表向きはね。女子の間じゃ相当陰口言われてたよ。知らなかったの?」
だって私営業だもーん。書店周りでランチも給湯室も無縁よ?」
今回は、どうなるかねぇ」

頭を抱える美桜里

だから、大丈夫だったのかなぁnu skin 如新 。母はいなくなっちゃったけど、第二の母、第三の母が私にはいっぱいいるのよ。それも村中にね。ある意味幸せかもしれないな。」
どこまでも前向きな発言にザンは息苦しさを覚えた。
無理しているのではないか?
だが、その真意を読み取る事がザンにはできなかった。
君の幸せな記憶、早く見つかるといいね」
記憶を見つける?」
きっと忘れてるだけで、何かあるはずよ。家族を知らなくても、今までに恋人とかいたでしょ?気の合う仲間とか、友人とか…」
ザンは脳裏に浮かんだ二人の女性をかき消した。
そして、グリーンゴースト時代の仲間、サバイバルを生き残った仲間、兄の蓮の顔を思い浮かべた。
…そうだな。幸せは分からないが、取り立てて不幸ではなかったかもしれない…それに…」
ザンは美桜里をじっと見てから、テーブルについて何か話している美波と貴香港如新 彰を振り返る。
…今が一番穏やかに暮らしているかもしれない」
私たちとの生活?」
ああ。朝はドタバタキャーキャーうるさいがな」
毎日時間ギリギリで連れ立って出かけて行く美桜里と美波の様子を皮肉って言いザンが微かに笑った。
悪かったわね!ん~~あと10分がどうしてもね…」
頭を抱える美桜里。
新学期からは俺が叩き起こしてやろう」
と、今度こそ笑ったザン。
美桜里は満面の笑みを浮かべて、両手でザンの頭をくしゃくしゃになで回した。
髪をぐちゃぐちゃにされ、予測していなかった行動に驚いた顔をしたザン。
合格!やっと笑ったわね。浮上したじゃない?!その調子よ!」
しばらくほうけていたザンだが、くすりと笑った。
美桜里の前向きさと明るさに毒されたような気分だった。

その夜、龍大と葉月は早々に民宿に一部屋借りて休む事にした。
やはりテントで寝るのに抵抗があったのと、龍大は夜たまに泣いて目を覚ますため迷惑にならないように気遣ったのだろう。
昼寝もせずはしゃいでさすがに疲れたのか、まだ7時だと言うのに龍大は爆睡だった。
葉月は龍大の隣に添い寝しながらタオルケットをかけた。
寝た?」
声を潜めて背後から訊かれ、葉月は寝返りを打ちながら頷いた。
本当、赤ん坊の頃から良く寝る子だよな」
隣の布団で腕を頭で支える体制で横になっていた敦が笑う。
そのおかげで、色々助かったよね」
カナンからの脱出の時も如新nuskin產品 ほぼ寝てたしな」
シェアハウスに押し入られたときも温室ですやすや寝てたよ」
あったなぁ、そんなことも…」
敦は遠い目をして言い、葉月に手を差し伸べた。
おいで」

不動産部門で

つくしは結婚と同時に勤めていた不動産会安利傳銷社を退職すると、以前司の母親が口にしていた道明寺グループの中の不動産部門で働くようになっていた。
企業買収に興味はないかと聞かれたことがあったが、働きたいなら道明寺グループの中で働けばいいと言われ、そこなら土日は休みだということもあり転職を決めた。

つくしの新しい職場。
さすがに大企業の中の不動産部門は仕事が違う。
街の不動産屋と違い、つくしの新しい仕事は企業相手のオフィスビル事業部門。
街のランドマークと言われるようなビルを持つ道明寺グループAmway呃人 の顧客は大企業が多く、そんな企業を相手に入居に関する契約交渉を行うのがつくしの仕事だった。


そんなある日、つくしは司の執務室に呼ばれた。
そこで紹介された人物は二人の結婚式に参加出来なかったという人物。

「こいつ花沢類。花沢物産の専務。昔の呼び名は三年寝太郎だ」
その名前は耳にしていた。
英徳学園でF4と呼ばれた4人組のひとりのはずだ。


「初めまして。牧野さん」
「類。もうこいつは牧野じゃねぇぞ!道明寺だ!」
「わかってる。わざと言ってみた。それにしても子供みたいにかわいいね」
と、言ってからかわれた。
そしてつくしの全身にさっと目をやると
「どうやら司のおたまじゃくしの元気は相当いいみたいだね?」
と、再びからかわれた。
「かわいくてももう俺の妻だ。類、残念だったな。それにこいつの腹には俺のおたまじゃくしが住み着いてるんだからな!」

花沢類は司と同じで女性に対してさほど興味を示さない男だが、つくしに会ったそAmway傳銷 の態度が余りにも好意的だったため、司はイライラしていた。

にこの男の別の

つくしはサロン中央にあるソファに腰を下ろし鑽石能量水價格た。
船の中とは思えない造りに感心していたつくしだったがデッキとは異なり、室内に入ると司の存在が急に近くに感じられた。

司はバーカウンターの内側に入ると、つくしに聞いた。

「おまえ何飲む?酒もあるけど、おまえは酒を飲むとすぐ酔っぱらうからな。紅茶でいいか?」

おもむろに引き出しを開け閉めしたかと思うとティーパックしかないが、と言って、カップに入れるとお湯を注ぎはじめた。つくしはその様子に思わず見とれていた。
そんな姿はまるでこの男に似合わないが、どこか家庭的に思えた。

「えっ?う、うん。ありがとう」

思いもよらぬ行動にこの男の別の一面を見たような気がしていた。





俺と恋がしたいと鑽石能量水價格 言った牧野。

真正面に立ってカップを手渡したとき、緊張しているのが司にもわかった。
当然ながら船の中は逃げる場所などない。
司はつくしの凝視に気づいたが、わざと視線を合わすことはしなかった。
駆け引きとは言わないが、そんな様子が見ていておかしかった。
まさに穴が開くほど見つめると言っていいほどだった。興味はあるが手は出せないと言った様子でいた。

司の経験上、こんな状況ともなれば、これまでほとんどの女性が彼に強引に迫って来た。
だが牧野は相変わらず恥ずかしそうな態度を崩そうとはしない。
これほど奥手の女には出会ったことはなかったが、反面これほど愉快な女にも出会ったことがなかった。
恋がしたいと言ったくせに牧野は踏み出すことを恐れている。

鑽石能量水機

息子の考えることく

みなで聞き耳を立てているのだが、どうも聞いていた話とは違う様相を見せている。
 
最後に はい、わかりました。それでは失暗瘡治療 礼いたします。ごめんください」 と、電話の向こうの人に頭を下げたおばさんは、力の抜けた顔で僕たちにこう言ったのだった。
 
 
 
小野寺さんの奥さんからだったの……深雪さん、好きな人がいるんですって」
 
 
 えっ……」
 
 
 
みなの口がそろったように動いた。
 
 
 
今までお父さんの言うとおりに従ってきたのに、深雪さんが急に田代さんに断ってくださいって言い出して。
理由を聞いたら、好きな人がいるということらしいの。そういうことなので、田代さんにはご迷惑をおかけしました。
くれぐれもよろしくお伝えくださいって」
 
 
 
思わず千晶と顔を見合わせた。
 
そんなことはないと彼女が小さく首を振る。
 
やっぱりそうか、深雪さんは僕たちのために……というより、千晶のために 好きな人がいます」 と言ったのだろう。
 
千晶が僕らのことを深雪さんに話したから、お父さんのゴリ押しで千晶を困らせないために、 好きな人がいます」 なんてことを言い出したのだ。
 
深雪さんの心遣いに感謝しながら、新たに持ち上がった卓悅冒牌貨 難問に頭が痛くなってきた。
 
子どもが……と言い出した始末をどうつけようか、困ったことになった。
 
小野寺さんからの電話がもう少し早ければこんな思いをしなくてすんだのにと思うと、タイミングの悪さに舌打ちをしたい気分だった。
 
 
おじさんもおばさんも親父も、やれやれといった様子で足をくずしている。
 
そんな中、お袋の大きなため息が聞こえてきた。
 
僕を見て、それから千晶に視線を移して、また僕を見る。
 
じっと見つめられてドギマギしたが、お袋の考えることはさっぱり見当がつかない。
 
 
 
脩平、ウソなんでしょう? 子どもができたっていうの。そうよね?」
 
 
 
親父とおじさんは、お袋の突然の言葉に驚きつつ、僕の返事を固唾をのんで待っている。
 
おばさんだけは えっ、そうなの?」 と小さく声に出したけれど。
 
 
 
……どうしてわかったの」
 
 
わかるわよ。母親ですからね、息子の考えることくらいお見通しです。
あなたが出張の間、私に郵便物の管理を頼んだでしょう。
ときどき取りに行ってたから、脩平が部屋に帰ってないってのはわかってるのよ。
だいたいね、子どもができたって言うだけでそれ以上は言わないじゃない。
普通はね、何週目ですとか、いつ生まれますって言うものよ。 
それに、これだけは自信をもって言えるの……ちいちゃんを困らせるようなこと、あなたがするはずないもの」
 
 
 
お袋の言うことの半分は当たっている。
 
子どもができて困るのは僕よりも千晶だから、そうならないように細心の注意を払っていたのは事実だ。
 
だけど、彼女に会うために毎週こっちに帰ってきてたって知ったら、さぞ驚くだろう卓悅冒牌貨な。