そろそろ出る

不穏な単語に動悸がが走る。
栄太は受話器を叩き付けるように電話に戻し、頭を抱えて机に肘をついた。
その姿を見て、早雪はそっと扉を閉めた。
ドキドキする胸を押さえて2階への階段を駆け上皮膚分析 る。
(どういうこと?栄太さんは東雨宮と何か関係があるってこと?東雨宮佐和子、葉月)
栄太の口から出た固有名詞がリフレインする。
2階の玄関に駆け込むと、腰が抜けたようにへたり込んでしまった。
(でも東雨宮系列の病院にいたって言ってたしその関係よね?だって)
どうした」
廊下から不思議そうにザンに凝視され、早雪はハッと顔を上げる。
あ、ううんなんでも」
なんでもなくなさそうだが」
ザンはゆっくりと歩み寄り、早雪を引っ張り上げた。
あ、ありがと」
何があった」
ザン」
早雪は栄太の昔からの友人だと言うザンを静かに見つめる。
栄太さんは東雨宮と何か関係があるの?」

ザンは無表情に口を閉ざした。その表情からは何の感情も読み取れない。
ごめん。本人に直接聞くわ。」
それがいい」
ザンはそれだけ言うと微かに笑って部屋に戻って行った。
立ち尽くして色々と考えていると、扉が開いた。
!おっ撫平皺紋 と、ごめん。どうしたんだい、こんなところで」
まだ出かける準備もしていない部屋着のままの早雪を見て栄太が不思議そうに首を傾げる。
あ、ううん。あの」
?」
早雪が口ごもると、
早雪さん!」
リビングから顔を出した貴彰が早雪を呼んだ。
は、はい!」
そろそろ出るので支度してくださいね?」
はい!すぐに!」
早雪は言いながら自室に戻ろうと扉に手をかけたところで、栄太を振り返る。
今日、本土の会社で打ち合わせに同行して来るから、夜は遅くなるから」
分かった。気をつけていっておいで」
栄太さん。帰ったら聞きたい事があるんだけどいい?」
ああ。なんだか分からないけど、いいよ」
栄太は落ち着いた表情で頷いた。
早雪も静かに頷き返したのだった。
仕事を終えて早雪と貴彰が帰宅するとリビングにザンと美桜里がいた。
おかえり!!お疲れ様!食事まだよね?!」
あ、まだだけど、何かあります?」
今日は冷やし中華!用意するね!」
ありがとうございます」
二人は言いながらリビングから自室に着替えに向かった。
一応、食事当番を設けており、二人一組で買活力精油早雪がリビングに戻ると、キッチンにザンと美桜里がいた。
ゆがかないとくっつくぞ」
ゆがくって何?」
こうだ、さっきも言ったはずだが」
ザンはさえ箸を麺の入った鍋に入れてかき混ぜる。
そうだっけ?なんか、料理って結構めんどうなのね」
おまえ、料理したことないのか」